RealPath:
WebPath:
2017/01/09 00:15 (JST) 更新
利用方法 >>

ウォレットソフトウェア

Contents

ビットコインを利用するためには、まずビットコインを格納する「ウォレット」が必要となる。いわゆるお財布。

「ウォレット」はビットコインを保管する機能、任意の相手からビットコインを受け取る機能、任意の相手にビットコインを送る機能を提供する。

PCにインストールするタイプ

PC(Windows, Mac, Linux)に専用のアプリを入れることでウォレットを構築できる。

種類 種類 システム構成 メモ
Bitcoin Core フルノード型 Qt, C++ 本家。技術的に探究したい人向け。ディスク容量食うので注意。
DL: http://bitcoin.org/ja/download
SOURCE: https://github.com/bitcoin/bitcoin
解説: http://jpbitcoin.com/wallet/bitcoinqt
Electrum 軽量型 (SPV) PyQt, Python 軽量。Android版もあり。
DL: https://electrum.org/#download
SOURCE: https://github.com/spesmilo/electrum
解説: http://jpbitcoin.com/wallet/electrum
Multibit HD 軽量型 (SPV) Swing, Java 軽量。
DL: https://multibit.org/
SOURCE: https://github.com/keepkey/multibit-hd
解説: http://jpbitcoin.com/wallet/multibit
Copay 軽量型 (SPV) Cordova, JavaScript 軽量。Cordova 製のため全スマホ対応しているのが興味深い。
DL: https://copay.io/
SOURCE: https://github.com/bitpay/copay/
解説: http://jpbitcoin.com/wallet/copay

※本サイト (bitcoin.clock-up.jp) では主に Bitcoin Core に焦点を当てて解説するが、単純にビットコインを送受信したいだけなら Bitcoin Core は圧倒的に非効率なのでオススメしない(まず最初のデータ同期にかかる時間は1週間くらい覚悟しておいたほうが良い。ディスク容量も100GB以上消費する)。しかし本家本元なので技術研究を目的に据えるならばこれを触らない道は無い。

参考

スマートフォンにインストールするタイプ

  • bread
  • Coincheck

ちょっとこのへんは個人的にあまり使ってないので後でもうちょっと調べてから加筆する。