RealPath:
WebPath:
2017/01/22 01:15 (JST) 更新
インストール >>

Linuxビルド

Contents

CentOS 6 系や AmazonLinux 等ではソースコードからインストールを行うと良い。
けっこう時間かかるので注意。(自分の環境では40分くらいかかった)

ビルド・インストール

bash
# yum -y install openssl-devel qt-devel libevent-devel
# yum -y install boost boost-devel
# git clone https://github.com/bitcoin/bitcoin
# cd bitcoin
# ./autogen.sh
# ./configure (※デバッグを有効にする場合は「./configure --enable-debug」とすると良い)
# make (※ビルド経過を詳細に出力したい場合は「make V=1」とすると良い)
# make install

「configure: error: openssl not found.」対策

# ./configure
...
...
configure: error: openssl  not found.

openssl-devel が存在しているのにも関わらず、上記のように configure で上記エラーが出る場合には、

以下のように openssl.pc の場所を見つけ出し、

# find /usr -name "openssl.pc"
/usr/lib64/pkgconfig/openssl.pc

 
以下のように pkgconfig ディレクトリの場所を明示してあげるとうまくいったりする。

# echo "export PKG_CONFIG_PATH=/usr/lib64/pkgconfig" >> /etc/profile

「libdb_cxx-4.8.so: cannot open shared object file」対策

# bitcoind --version
bitcoind: error while loading shared libraries: libdb_cxx-4.8.so: cannot open shared object file: No such file or directory

上記のようなエラーが出る場合、

以下のように libdb_cxx-4.8.so の場所を確認し、

# find /usr -name "libdb_cxx-4.8.so"
/usr/local/lib/libdb_cxx-4.8.so

 
libdb_cxx-4.8.so が見つかるように以下のように参照ディレクトリを追加する。

# echo "/usr/local/lib" > /etc/ld.so.conf.d/usr_local_lib.conf
# ldconfig

バージョン確認

※2016年12月3日時点のmasterソースコードをビルド&インストールした結果。

bash
# bitcoind -version
Bitcoin Core Daemon version v0.13.99.0-2efcfa5
....

# bitcoin-cli -version
Bitcoin Core RPC client version v0.13.99.0-2efcfa5